3iXのレビュー

20.6.3

スポンサーリンク

海外サーバーといえば、DreamHost!

日本で海外サーバーといえば、DreamHostだと思います。以前、急激な円高になったとき、国内のレンタルサーバーに比べ割安になった海外サーバーが人気になったことがあります。超がつくほどの円高で月額料金は割安だったんだけど、思ったほどではなかったんです。

DreamHostは、ほとんどが無制限なんです。作成できるデータベースの数も転送量も無制限なんです。登録できるドメイン数とか作成できるサブドメインとか、作成できるメールアドレスの数とか、ほとんどが無制限なんです。DreamHostは、無制限サーバーといわれる海外サーバーなんです。

3iXは、月額1ドル~という格安の海外サーバー

だけど、3iXは違います。月額料金が1ドル~という格安のレンタルサーバーなんです。当時は、超円高ということもあり、格安どころか激安のレンタルサーバーだってんです。だけど、安かろう悪かろうって感じでした。

DreamHostでも、ときどき重くなったんです。しかも、少しじゃないんです。めちゃくちゃ重くなったんです。アメリカなど海外だと物理的に距離があるので、どうしても重くなることがあるんです。

3iXは、最初から最後まで重かったんです

ところが、3iXは重くなるんじゃないんです。最初から重かったんです。結局、最後まで重かったんです。つまり、すぐにやめちゃったんです。あまり馴染みがないと思いますが、WebhostingPadという海外サーバーが安いのに快適でした。

仮に3年も運営したワードプレスのレンタルサーバーを変更するとなると大変です。手間もかかるし、お金もかかるんです。もしかしたら、割引きのない正規の料金でもWebhostingPadの契約を更新を更新した方が安く済むかもしれません。

WebhostingPadは、安くて快適な海外サーバー

当時、WebhostingPadは大キャンペーンをやっていて、とっても安かったんです。1年借りても3年借りても、支払い総額が変わらないくらいだってんです。だけど、3年後に契約を更新するときは、割引きのない正規の料金になるんです。

ムームードメインやお名前.comでも、キャンペーンでドメインを安く取得できることがあります。たまにではなく、ちょくちょくありますが、これも同じです。1年後のドメインの更新時には割引きのない正規の料金になるんだけど、キャンペーンってそういうものなんです。

評判のいい国内シェアNO1のエックスサーバーでも、ときどき独自ドメインがずっと無料になるキャンペーンをやっています。

 

関連記事