CPIの共用レンタルサーバーのレビュー

20.6.3

スポンサーリンク

KDDIグループのCPIの共用レンタルサーバー

意外と知らない人もいると思うけど、CPIの共用レンタルサーバーはKDDIグループと聞くと安心感があります。20年以上、ノウハウを蓄積してきていますので、堅実で安心してご利用できるレンタルサーバーです。

CPIの共用レンタルサーバーは、大容量で高速なネットワーク回線ですので、高速表示ですが、3,800円/月~なので、初心者で借りことはほとんどありません。個人ならエックスサーバーで物足りなくなるくらいでないと借りないかもしれません。

法人利用率90%のレンタルサーバー

ということで、個人で借りていることもあるみたいですが、法人向けレンタルサーバーということになります。CPIのホームページを見ると、法人利用率90%とあります。法人なら、3,800円/月~でも安いのかもしれません。

個人でアクセスの多い人気ブログを運営している場合でも、エックスサーバーなど月額料金が1000円程度ですから、3800円~となると利用する個人は、どうしても限られてきます。

10日間は無料でお試しできます

それでも、CPIの共用レンタルサーバーには、10日間は無料で利用するお試しにことができますので、ロリポップやエックスサーバーなど個人に人気で利用者の多いレンタルサーバーと比較してみることをオススメします。

実際に借りる前には、少し高額と思えるレンタルサーバーを試して体感しておく方がいいんです。最初にレンタルサーバーのロリポップを借りて、ブログのアクセスが増えると、最初からエックスサーバーを借りておけば良かったってことは、よくあることです。

そして、エックスサーバーを借りて、エックスサーバーの上位プランに変更することもあります。そういう場合は、CPIの共用レンタルサーバーの方がいいと思います。

初心者だとCPIのレンタルサーバーは難しい

さすがに、初めてのレンタルサーバーがCPIの共用レンタルサーバーって人は、ほとんどいないと思います。初心者がレンタルサーバーを月額料金で比較して借りると、どうしても少しでも料金の安いレンタルサーバーを選んでしまうんです。

だから、あとになって、もっといいレンタルサーバーを借りてけば良かったと思うことが多いんです。レンタルサーバーを選ぶときに、CPIの共用レンタルサーバーなど、今はちょと手が出せないという場合でも、試しておいて損はありません。

 

関連記事