DreamHostのレビュー

20.6.3

スポンサーリンク

海外サーバーなら、DreamHostがオススメ!

日本で海外サーバーを借りるのであれば、DreamHostがオススメです。多くの海外サーバーがありますが、海外サーバーで一番多くの日本語の記事があるのが、DreamHostだと思います。

DreamHostは、無制限サーバーといわれているレンタルサーバーですので、データベースの作成数や転送量など、基本的に制限がありません。制限がないので無制限ということになっています。

DreamHostは、無制限の海外のレンタルサーバー

海外サーバーには、無制限のレンタルサーバーが多くありますが、厳密には無制限ではありません。ものすごいアクセスのあるブログだと制限されることがあるようです。個人であれば、ほとんど制限されることはありません。

ただ、無制限に利用できるDreamHostですが、作成するブログが多くなってくると表示が遅くなってきたりします。DreamHostに限りませんが、海外サーバーは物理的に距離があるので、ブログの表示が遅くなることがあります。

海外サーバーを借りるのであれば、DreamHostがオススメですが、ColorfulBoxmixhostなどコントロールパネルにcPanelを採用しているレンタルサーバーが増えています。

コントロールパネルにcPanelを採用のレンタルサーバー

DreamHostは、独自のコントロールパンネルですが、海外サーバーの多くがコントロールパネルにcPanelを採用しています。国内でもコントロールパネルにcPanelを採用しているColorfulBoxやmixhostなど料金が安い割に高機能なレンタルサーバーがあるので、ColorfulBoxやmixhostを借りた方がいいと思います。

日本語のブログやホームページを日本向けに運営するのであれば、国内のレンタルサーバーの方がいいんです。国内にレンタルサーバーが設置していれば、物理的に距離が近い方がブログやホームページの表示が速いんです。少なくとも表示が遅くなりにくいんです。

海外サーバーを借りるメリットはないかも?

DreamHostは大丈夫ですが、海外レンタルサーバーの中には解約するとき、簡単に解約できないことがあります。そうなると、英語で解約したいと問い合わせることになります。だけど、うまく伝わらなかったんです。

このとき、PayPalを使っていたんだけど、解約できなくて何度も引き落とそうとするので、PayPalを解約したんです。それ以来、海外サーバーは借りていません。

 

関連記事