WebHostingPadのレビュー

20.6.3

スポンサーリンク

WebHostingPadは快適に使える

海外サーバーを借りている人は少ないと思いますし、今から海外サーバーを借りる人も少ないかも知れません。だけど、英語のブログをやるとか、海外向けのブログをやる場合は、海外のレンタルサーバーを借りた方がいいかも知れません。

海外サーバーを借りるのであれれば、個人的には、WebHostingPadがオススメです。日本ではDreamHostが有名ですが、ときどき重くなることがありました。3ixの方が安いんだけど、常に重かったんです。そんな中、知らない人が多いと思いますが、WebHostingPadは快適に使えました。

月に2.99ドルのキャンペーン価格!

確認してみると、月に2.99ドルとあります。英語なので詳しくは分かりませんが、月に2.99ドルというのはキャンペーン価格でしょう。ということで、次回のレンタルサーバーの契約更新時には、キャンペーン価格ではなく、正規の料金になります。

だからといってレンタルサーバーを変更するのは難しいです。新規にドメインを取得するとき、キャンペーン価格で安かったとしても、次回以降は、正規の料金になるのと同じです。だからといって、ドメインを変更するってことにはならないのも同じです。

よくある無制限の海外サーバー

WebHostingPadは、有名ではありませんが、ほとんど機能に制限のない無制限サーバーと同じです。確か、DreamHostも同じなんだけど、無制限サーバーであっても、厳密にいうと、無制限サーバーはありません。

だけど、個人が使う分には、何をやってもほとんど制限がないので、無制限サーバーというのは間違いではありません。例えば、エックスサーバーは、無制限サーバーではありませんが、データベースが50個使えるので、ほとんどの個人にとって、無制限にデータベースが使えるのと変わりありません。

転送量の制限も1日に100GBくらいあるレンタルサーバーが増えています。1日に100GBもあれば、月に100万PVくらいあっても問題なく表示できますので、レンタルサーバーを変えないといけないなんてことはありません。

制限のあるサーバーの方が快適に使える!

つまり、国内のレンタルサーバーでも、ほとんど無制限のレンタルサーバーと変わりなく使うことができます。むしろ、ある程度の制限があることで、快適に使うことができるんです。スマートフォンの通信量だって、無制限にすると、ごく一部の人が多くの通信量を使ってしまい、残りの多くの人に迷惑がかかるってこともあります。

関連記事